研究開発

Home » 製品情報 » 研究開発

常に革新的な製品の創造に挑戦しています。

研究開発体制

ISO14001及びISO9001の精神を具現化し社会に貢献するために、「環境に配慮した製品の開発」、「顧客要求に合致した製品」の開発をめざしております。
技術担当者と製造・販売部門・マーケティング部門が緊密な連携をとりながら、必要に応じてプロジェクトチームを編成して、新製品開発・新用途開発を推進。また、多くの企業との技術提携や、産学協同研究など公的研究機関との共同開発も積極的に行っております。

主要な開発テーマ

半導体関連技術

シリコンウェハーの大口径化と微細加工への要請に応えて、原料から製品まで生産技術の改善を推進しております。

省エネ関連技術

電装品の高密度実装に伴う新たな放熱基板の要請に応えて、熱伝導性の高い炭化ケイ素を原料とした放熱基板(ヒートシンク)の研究開発を進め、次世代のハイブリッドカーやコンピュータの省エネ・軽量化に貢献します。

シリコンの高純度化技術

太陽光発電の材料として期待される金属シリコンの高純度化を目的として、当社のコア技術であるSiC高純度技術を深化させ処理技術の向上を推進しております。

ナノ粒子の研究

当社固有のセラミック原料処理技術の高付加価値化をめざし、ナノ粒子を用いた成形体の将来の実用化に向け研究しております。

コアテクノロジー図

ページの先頭へ