成長戦略

Home » 会社概要 » 成長戦略

世界の成長市場を見据えたグローバル展開を推進しています。

当社の市場はグローバルな拡がりを見せております。
世界の成長市場に向けた先進的製品の開発と素材開発からの一貫した生産体制により安定した経営基盤の実現と着実な成長を目指してまいります。

強みと戦略

開発体制
環境関連など、次世代の先端産業を支える成長戦略があります。

当社の成長戦略の柱は、独自製品である炭化ケイ素超微粉製品を市場シェアNo.1に育成すること、そして次代の様々なニーズに応える新製品群の市場投入にあります。

なかでも需要が高まる環境関連市場に向けては、セラミックス複合部材(MMC:Metal Matrix Compositions)を使用した放熱部材等、新製品の投入を予定しております。また、半導体関連や先端産業に向けては、次世代の超高純度材料を開発しているほか、製造用部材など、他社が追随できない特殊形状の製品の投入を強化していきます。

当社では、大手企業との技術提携を積極化することで、新規事業への参入も推進し、事業間シナジーの高い成長をめざします。

グローバル展開
世界市場に応えるグローバルネットワークがあります。

当社では、セラミックス材料製品およびファインセラミックス製品を富山・本社工場で一貫生産しているほか、中国・子会社でも、販売を行っております。ユーザーの要請に迅速に対応できる直販体制を基本としながら、有力な代理店・メーカーの販売網も活用しております。

当社では、このようなグローバルネットワークのもとに、幅広い産業の優良企業を対象として様々な用途提案を行なうことで、景気の変動を受けにくい安定した経営基盤を構築しております。

一貫生産体制
素材開発からの一貫した生産体制による高品質と豊富なラインナップが強みです。

当社の生産体制の特長は、素材を自社で製造している強みを生かした、素材から最終製品までの一貫生産体制による高品質の実現にあります。多様なラインナップに加えて、顧客仕様に応えるカスタムメードや多品種少量生産のほか、OEM展開も推進。また、原料調達力も強みとしており、製品の安定供給に向けて調達先の多様化を進めております。

生産・販売拠点
セラミックス材料事業 本社工場・中国子会社
ファインセラミックス事業 本社工場・中国子会社

ページの先頭へ